東芝が債務超過で上場廃止?~裏事情その1~

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0a/Westinghouse_J30_NAN8-47.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク

東芝、来期債務超過なら上場廃止も…
東証2部降格へ

現在、東芝の問題が日々ニュースで取り上げられています。

東京証券取引所第1部に上場する東芝は、決算期末の今年3月末に債務超過を回避できなければ8月1日付で東証2部に降格となる。実際にそうなれば、業績不振で一時的に債務超過に陥り昨年8月1日に降格したシャープ以来となる。

2017年3月期の有価証券報告書で、17年3月末に債務超過の状態であることが確認された場合、東芝株は8月1日付で東証1部から東証2部に指定替えとなる。日経平均株価の構成銘柄からも除外される公算だ。18年3月末も債務超過となれば上場廃止になる。

出典:http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20170217/inv1702171700006-n1.htm

テレビなどのメディアでは
表面的なことにつては語られるのですが、
実は...
テレビなどのメディアでは取り上げられない
重要なことも少なくないようです。
そこでまずは今回の問題へと発展してきた東芝の経緯について
わかりやすく理解するために、時系列にまとめてみます。

スポンサーリンク



前代未聞の決済報告会~ドタキャンの裏事情~

注)※は裏事情です。
~2006年…東芝が6,600億円で
ウエスティングハウス原発民生部門(WH)を買収~
最初はなんと2006年から始まっています。
東芝がウエスティングハウスの原発民生部門を買収したわけですが...
原子力産業の中で、アメリカの原子力潜水艦や原子力空母を
それぞれ作っている会社はそれぞれ小さいのですが、
後ろにある事実は
このウエスティングハウス持っているような巨大軍事企業なのだそうです。
それを買ったわけではなく、民間の原発部門を買ったというわけです。
※1979年にスリーマイル島事故から、
原発建設実績ゼロの無価値企業を6,600億円で購入。



~2011年03月…福島原発事故。
アメリカ当局が安全基準を大幅に強化。
原発新設はコスト割れが確定。~
※なぜか受注継続し、4基の建設を強行。
アメリカ監査法人の減損計上勧告を東芝は無視。
建設を進めれば進める程赤字増大はわかっていた。

作れば作るほど赤字になることがその時すでに決まっているのです。
元々を6,600億円で無価値なものにお金を払っているのですが、
さらに赤字が毎年1,000億円増えていくことをわかっていながら、強行したわけです。


~2015年10月…建設大手Chicago Bridge&Iron(CB&I)社から
原発建設子会社CB&I Stone&Websterをゼロ円で買収~
※実際はコスト増で赤字増大が継続し、
2,000億円以上の損失が確定していた企業

原発の建設というのは
中の“炉”を作るのがウエスティングハウスです。
そして、入れ物のフジツボのコンクリートや下の土台を作る会社が
CB&I Stone&Websterです。
つまり、
実際に建設を請け負っていたのは、
大手Chicago Bridge&Iron(CB&I)社の子会社である
CB&I Stone&Websterということです。


~2016年07月…CB&I社がWHを提訴
“工事の遅れは買収時の価格査定政党制に含まれない”~
売った側(CB&I)が買った側(WH)を提訴しました。
万が一、後で算定に嘘があったらお金を返してもらうという契約があり、
“工事の遅れは根拠になりません”ということ。
※これにより、もはや数千億円の損失が確定。
意図的とも見える程の工事遅延で損失が雪だるま方式に現在も拡大中。

以上の経緯がありました。
では、東芝はこの数億円オーダーの損失を
どうやって隠してきたのでしょうか?
東芝がこれほどの額を隠してきた方法とは?...。
続きはこちらをご覧ください。

東芝が債務超過で上場廃止?~裏事情その2~

スポンサーリンク