ダイエット(痩せる方法・知識)

痩せたいけど胸は残したい!そんなわがままダイエットを叶える3つの方法

痩せたいけど胸は残したい!そんなわがままダイエットを叶える3つの方法

ダイエットに成功して、スリムな体を手に入れたい!

でも……

  • 胸がなくて女性らしくない!
  • がりがりボディにはなりたくない!
  •  

頑張ってダイエットが成功したのに、胸がなくなってしまっては、せっかくのダイエットも台無しですよね。

ダイエットで胸がなくなるとはよく聞くかと思います。

 

では、ダイエットで胸を残すのが難しい理由と、どのようにしたら胸を残して痩せることが出来るのか?

以下3点に分けて、ご紹介していきます。

  • 胸を残したいなら痩せる前に脂肪をバストへ移動させること
  • 痩せた後も胸は残したいのなら筋肉をつけること
  • 痩せたいけど胸は残したいのであれば必ず見直すべき習慣

 

別記事で『痩せたいけど胸は残したいなら知っておくべきバストが小さくなる3つの理由』について取り上げてます。

バストが小さくなってしまう理由を知りたい方はこちらも是非ご覧ください!

 

胸を残したいなら痩せる前に脂肪をバストへ移動させること

痩せたいけど胸は残したいなら、ダイエットで脂肪を燃焼する前に、マッサージをして脂肪をバストへ移動させましょう。

そうすることで、ダイエットで脂肪が減ったとしても、脂肪がバストへ移動している分、バストを大きく減らせずに済みます。

脂肪を移動させるポイントは、リンパを刺激して血行を良くすることです。

 

マッサージ方法

①手のひらで温めるようになでる。

肘→二の腕→脇→バスト上部

②手のひらで温めるようになでる。

肩甲骨→脇→バスト上部

③脇の下のリンパを揉みほぐす。

④再度①をします。

⑤バストの斜め下から胸の中心へさすり上げる。

⑥胸にある「神封(しんぽう)」というツボを押す。

 

神封(しんぽう)

①~⑥を脂肪バストへ移動させるイメージでやりましょう。

 

スポンサーリンク

痩せた後も胸は残したいのなら筋肉をつけること

痩せたいけど胸は残したい、そんな女性のわがままを叶えるのに必要なのは、胸の筋肉です。

胸は、9割が脂肪で1割の乳腺で出来ています。

そして、胸の土台は筋肉です。

 

ですので、胸の筋肉を鍛えることで、脂肪の下の筋肉を増やし、形のいいバストを作ることが可能になります。

 

以下では2点をご紹介します。

  • 筋肉を付けるとバストアップする理由
  • 筋トレ方法

 

筋肉を付けるとバストアップする理由

ダイエットにより、脂肪でできている胸はどうしてもなくなります。

ですが、筋肉はダイエットで落ちることはありません。

 

ですので、筋トレをして、胸筋を肥大させることにより、胸を大きく見せることができるのです。

 

また、筋肉があることで血行が良くなり、胸に栄養が行き届くようになります。

そうして更なるバストアップにつながるのです。

 

筋トレ方法

深呼吸しながら10〜20秒、毎日3セット行いましょう。

呼吸と連動することで、筋肉が付きやすくなります。

 

腕立て

①手を肩幅より少し広めにつき、手と足で体をまっすぐに支える。

②息を吸いながら肘を曲げて、体を床に近づける。

③息を吐きながら肘を伸ばして元の体勢に戻る。

 

ダンベル運動

①ダンベルを両手に持って仰向けになる。

②腕の高さに水平に両腕を伸ばし、肩から腕のラインは変えず肘を90度に曲げ、肘を少しだけ足の方におろした体勢からスタートする。

③息を吐きながら、肘や手を床から離し肘と肘を体の前で合わせる。

④息を吸いながら、腕を床におろし元の体勢に戻す。

 

こちらは小胸筋を刺激する運動です。

ダンベルの代わりに、水を入れたペットボトルでもできますよ。

 

スポンサーリンク

痩せたいけど胸は残したいのであれば必ず見直すべき習慣

ご紹介した筋トレ方法やマッサージ方法も大切ですが、毎日の習慣も重要です。

では、どのような習慣がバストを残して痩せることができるのか?

以下の3点に分けてご紹介します。

  • ブラの見直し
  • 姿勢の改善
  • 身体の温め

 

ブラの見直し

ご自身に合ったブラをしていますか?

サイズの合ったブラを付け、背中や脇に流れてしまっている脂肪を寄せて上げることで、バストアップに繋がります。

 

また、運動をする際に、バストを揺らさない様、スポーツブラをするのがマスト

そして、運動はバストを揺らさないウオーキング、ヨガ、ストレッチがおすすめです。

 

姿勢の改善

姿勢が悪いことで、バストが垂れる原因になります。

姿勢が悪いと、背中にある筋肉の僧帽筋が衰え、バストが背中に流れたり、垂れていってしまうのです。

常に姿勢を良くすることで、自然と僧帽筋が使われ、バストアップにつながりますよ。

 

身体の温め

身体が冷えていて、血行が悪いと、バストの血行も悪くなり、バストへ栄養が届かなくなります。

湯船につかって身体を温めたり、生姜を食べて血行を良くするなど、身体を温める工夫をしましょう。

 

また、血行が良くなると、肌つやも良くなりバストに張りが生まれます。

 

スポンサーリンク

まとめ 痩せたいけど胸は残したい!そんなわがままダイエットを叶える3つの方法

痩せたいけど胸は残したい」、ダイエットしたい女性なら誰しもが望むことだと思います。

実際、バストは脂肪で出来ていて、ダイエットをした時には1番痩せやすい部分です。

ですが、運動やマッサージなどの努力をしたり、習慣を見直すことで、バストを残したままダイエットは可能です。

 

まずは、マッサージをして脂肪をバストに移動させ、腕立て伏せをし胸の筋肉を付けます。

そうして、ご自身に合ったブラを付けて姿勢を正し、身体を温めます。

 

言葉にすると単純ですが、忙しい日常に取り入れることは大変かもしれません。

ですが、これらのことをするだけで、バストを残したまま痩せることができるのです。

 

実際に私も産後太りからダイエットをし、痩せたのはいいけど、バストが完全になくなっていました。

しかし、マッサージを習慣にし、姿勢を正し、自分に合ったブラをすることでバストアップに成功しました!

 

諦めずに続けることで、『ダイエットしてもバストを残こす』は叶うのです☆

 

ちなみに……

そもそも、何故バストが小さくなってしまうの?」と疑問に持たれる方がいらっしゃるかと思います。

 

その理由について以下の記事でお答えしてますので、こちらも是非ご覧くださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kenkouteki-slim.com/thinner-leave-the-bust-reason/ target=]