ダイエット(痩せる方法・知識)

健康的に痩せたい!安全に痩せる食事方法あるの?

健康的に痩せたい!安全に痩せる食事方法あるの?

世の中にはたくさんのダイエット方法がありますよね。

最近では、断食ダイエットが流行っていますが……

食べないダイエットは身体に負担がかかり、リバウンドもしやすくなります。

 

しかし、食事の仕方を変えるだけで格段に痩せやすくなるんです。

 

  • どうせダイエットするなら健康的に痩せたい!
  • 安全に痩せるための食事方法ってなんだろう?

 

そんな方に、ここでは健康的に痩せるための食事方法を教えちゃいます!

 

健康的かつ安全に痩せる食事方法は?

 

健康的に痩せていくためには、しっかりと食事をとることが大切です。

そこで、どういった食事がダイエットに効果的なのかを具体的に紹介していきます。

それでは、具体的な食事方法についてみていきましょう。

 

朝昼晩の食事配分に気を付ける

 

ダイエットをしていく中で、特に気を付けたいのが1日の食事配分。

これを「3・5・2」の配分にします。

 

これは、1日の食事量を朝3割、昼5割、夜2割の割合で摂る方法です。

比較的活動量の多い日中はしっかり食べて、夜は軽く済まします。

 

午後2時から4時の間は1日のうちで最も代謝が高くなる時間帯と言われていて、夜になるにつれて徐々に下がっていきます。

夜をメインにしてガッツリたべる!」という人は多いと思います。

 

しかし、夜は寝るだけなので食べたものが身体に蓄積されやすくなってしまうんです。

夜ごはんを食べすぎてしまう人の防止策として、お昼ご飯と夜ごはんの間におやつを食べるのもいいと思います。

 

今までと同じ食事内容でも、この配分にするだけで痩せることができます!

ぜひ意識してみてくださいね。

 

食べる順番を意識する

 

食事をする際に気を付けたいのが食べる順番

「野菜→おかず→ご飯」の順番で食べることをおすすめします。

 

まず、野菜から食べることで血糖値の上昇を抑えて、その後に食べる食事の吸収も抑えてくれます。

また、野菜には食物繊維やミネラルが豊富です。

便秘改善やむくみにも効果があるので、毎食食べましょう!

 

次に肉や魚などのタンパク質を食べましょう。

タンパク質は身体をつくるもとです。

筋肉が落ちてしまうと基礎代謝も落ちて痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエット中は、肉や魚だけでなく、大豆や卵も意識して食べてくださいね。

 

最後にご飯

空腹の状態で食べてしまうと、血糖値が急激に上がり、脂肪を溜めやすくなります。最後に食べることでこれを防ぎ、太りにくくなります。

 

30回噛む

ゆっくりとよく噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べすぎを防ぎます。

また、消化もしやすくなり胃に負担がかかりにくくなるなどメリットがたくさん。

 

そして、なんといってもうれしいのは、小顔になるということ。

よく噛んであごの筋肉を使うことで、すっきりとしたフェイスラインを手に入れられます!

 

実は、「噛む」という動作だけでもカロリーは消費されていきます。

初めは30回が長く感じられるかもしれませんが、「ゆっくりよく噛む」を意識して習慣付けましょう!

 

朝は抜かない

 

現代社会において、社会人や学生であれば以下のように考えてしまう方が多いのではないでしょうか?

  • 「朝は食欲が出ない」
  • 「時間が無いから食べない」
  • 「ダイエット中だし朝は抜こう」

 

このような人は多いと思います。

私も、学生の頃は時間ぎりぎりまで寝ていたかったので、よく朝食を摂らずに学校に行っていました。

 

また、ダイエット中は食事を抜いて手っ取り早く痩せたいと思いますよね。

食欲のない朝は「食事を抜くのにうってつけ!」と思っていました。

 

しかし、朝食を摂らないと脳や内臓は眠った状態のままで、仕事や勉強、運動などの効率も悪くなるそうなんです。

 

また、朝食を毎日食べている人に比べて生活習慣病になるリスクも上がってしまい、デメッリトがたくさん……。

朝ご飯を食べることで代謝も上がり、痩せやすくなりますよ。

 

食欲が出ない方や時間がない方にもオススメできるダイエット食は以下のものが挙げられます!

  • ヨーグルト+フルーツ
  • ゆで卵
  • 具だくさん味噌汁
  • パン+牛乳
  • おにぎり(具は鮭などタンパク質が摂れるもの)

 

これらがダイエット中には最適!どうしても朝は食べられないという人は、温かいスープや白湯を飲むだけでもいいと思います。

 

朝ご飯は大切です。

ダイエット中の方は尚更!必ず食べましょう!

 

就寝の❝3時間前❞までに夕飯を済ませる

 

夜は軽く、消化の良いものにしましょう。

理想は寝る3時間前までに食事を済ませ、消化が終わった状態で眠りにつくのが理想です。

夜は身体が「おやすみモード」に入ります。

日中に比べると食事の栄養を蓄えやすく、太りやすい時間帯です。

 

寝る前どうしてもお腹が空いてしまう時は、ハーブティーやホットミルクを飲むと、空腹感もなくなり、身体も温まって眠りにつきやすくなりますよ。

また、お昼ご飯から夕食の間にヨーグルトやフルーツなどをおやつとして食べておくことで、食べすぎ防止にもなると思います。

 

私も最初は空腹が耐えられませんでしたが、慣れてくるとなんてことないです。

 

スポンサーリンク

健康かつ安全に痩せる食事方法の記事まとめ

 

断食をしなくても食事の仕方を変えるだけで、痩せることはできます。

断食で痩せてもそれはただやつれただけ……。

食べなければ痩せます。

 

でも、それは大切な筋肉も落ちていているんです。

筋肉が落ちると基礎代謝が下がり、リバウンドしやすく痩せにくい身体になってしまいます。

 

私も学生の頃「食べないダイエット」をしたことがあります。

 

食事で健康的に痩せてそれを習慣にすれば、リバウンド知らずの身体を手に入れられますよ。

もちろん食事だけではなく、運動も取り入れるとより健康的に痩せられます。

 

まずは、今回紹介した食事の方法を試してみてはいかかでしょうか。