下半身

下半身がむくみやすい人の5つの特徴!原因はたったの○○だった?

下半身がむくみやすい人の5つの特徴!原因はたったの○○だった?

むくみのせいで下半身が太く見えてしまい、かわいい服やスタイリッシュな服を着こなせないなんてもったいないですよね。

 

皆さんも、こんなスラっとした下半身を手に入れて、かわいくキレイになりたいと思いませんか!?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ですが、天敵とも言えるむくみに悩まされている少なくないでしょう!

実際、以下のような疑問が湧くのではないでしょうか?

  • 「むくみの原因は一体何なのか?」
  • 「むくみやすい人の特徴は?」

 

そこで、数々のエステや美容クリニックに通ってきた私の経験と知識を踏まえて……

下半身がむくみやすい人の原因と特徴についてご紹介します!

 

下半身がむくみやすい人の5つの特徴とは!?

下半身がむくみやすい人の特徴には、以下の5つが挙げられます。

  • 皮下脂肪が多く筋肉量が少ない人
  • 長時間同じ姿勢でいる人
  • 水分、塩分、アルコール過多な人
  • 水分不足な人
  • ストレスを溜めてしまう人

 

今までの経験からすると私は『水分、塩分、アルコール過多な人』に当てはまります……。

みなさまはこれらのどちらかに当てはまるのではないでしょうか?

 

皮下脂肪が多く筋肉量が少なく、むくみがちな人

太っていて皮下脂肪が多いと、心臓に負担がかかります。

心臓がいくら頑張って働いても、血液が全身に回りきらず、血液循環が悪くなって水分がたまりやすくなります。

 

つまり、太っているだけで、むくみやすい体質になってしまっているのです。

 

血液循環をスムーズにするためには、余分な皮下脂肪をなくし、筋肉の力が必要です。

ふくらはぎは『第二の心臓』といわれ、下半身にある血液を心臓に送る役割をしています。

主にふくらはぎの筋肉量が少ない人は、血液を送る力が弱く、皮膚や皮下脂肪に血液中の水分がたまり、むくみやすくなってしまいます。

ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで、血液を心臓に戻すポンプのような働きがあるのす。

 

ですので、筋肉をつけることが、むくみの予防につながります

 

立ち仕事やデスクワークでむくみがちな人

仕事で座りっぱなし、立ち仕事が原因でむくみが出た経験はありませんか?

OLさんで長時間デスクワークをされている方、アパレルや客室乗務員など立ち仕事をされている方はむくみを実感されることが多いのではないでしょうか?

長時間同じ姿勢でいることで、血液が重力によって脚にたまってしまうのです。

飛行機の移動で起こるエコノミー症候群と同じ原理です。

 

ふくらはぎは第二の心臓。

 

ですので、ふくらはぎを動かさないことで、足の血液が心臓に戻りにくくなり、下半身の血液循環が悪くなります。

そうすることで、下半身にむくみが生じます。

 

お仕事の休憩中にはぜひストレッチをして、体を動かし血液の循環を良くしてみましょう。

簡単に、きちんとむくみの改善をすることが出来ます!

 

水分や塩分、添加物、アルコール摂取が多くむくみがちな人

ファーストフードやインスタント食品をよく食べる方、要注意です!

味が濃く、塩分の高い食べ物を摂りすぎることでむくみが発生します。

 

なぜなら、塩分には水分を取り込む性質があるからです。

塩分と余分な水分が一緒になってしまうことで、余分な水分を体の外に出すことができなくなり、体の中に溜まってしまいます。

 

また、アルコールを飲むことで、血管が拡張され、余分な水分が血管の壁の穴から漏れてしまいます。

この水分が細胞の間にたまるとむくみの原因に……。

 

水分不足でむくみがちな人

水分の摂り過ぎもむくみの原因になりますが、水分不足もむくみにつながります。

水分を十分に摂っていないことで、静脈の血行が悪くなり、動脈から血管の外に出た水分を静脈が吸収できなくなります。

 

それによって、皮膚と皮下組織内に水分がたまり、むくみが起きてしまいます。

 

ストレスでむくみがちな人

現代社会でストレスをためないのはなかなか難しいかもしれませんが、ストレスは大敵です!

精神的なストレスがたまると自律神経が乱れ、血行が悪くなります。

 

また、ストレスホルモンであるコルチゾールが筋肉を弱らせてしまうのです。

そのため、血液の流れを悪くなりむくみが生じます。

 

スポンサーリンク

女性特有のむくみの原因は3つ!

男性の足を見て、「私より細い……」と思ったことはありませんか?

男性より女性の方がむくみやすい原因がちゃんとあるんです!

 

その理由は以下の3点す。

  • 筋肉量の違い
  • ホルモンバランス
  • 骨盤のゆがみ

男性と女性の違いを含め、ご紹介していきます。

 

筋肉量の違いによるむくみ

上記でもお伝えしたように、皮下脂肪が多く、筋肉量が少ないことでむくみが生じます。

これは女性に多い特徴です。

 

逆に皮下脂肪が少なく、筋肉量多いとむくみません!

これは男性に多い特徴で、男性は、女性よりも皮下脂肪が少なく筋肉量が多いため、むくみが出にくいのです。

 

ホルモンバランスによるむくみ

女性は筋肉量が少なく、冷え性の方も多い……。

さらには妊娠、更年期にはホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れてむくみが出やすくなります。

 

また、生理開始5日前から黄体ホルモンという女性ホルモンが増える為、血管が広がって尿の量が減ります。

そうすることで水分をため込みやすくなり、よりむくみやすくなる傾向にあるのです。

 

骨盤のゆがみによるむくみ

もちろん、男性も日常で骨盤のゆがみは発生しますが、女性は特に妊娠と出産により骨盤がゆがみます。

骨盤がゆがむことで、リンパの通り道が狭められ、リンパのの流れが悪くなり、むくみが発生します。

リンパは体内のごみ箱のような存在。

 

ですので、余分な水分を捨てるための通り道がふさがれてしまい、余分な水分の行き場がなくなります。

このことにより、むくみとなって体内に残ってしまうわけです。

 

そして、むくみによりセルライトがかたまって成長していくので、さらなる下半身太りにもつながってしまいます……。

 

これは早めに対処しておきたいですね!

スポンサーリンク

下半身のむくみの原因を取り除こう!

下半身が太る原因はお分かりいただけましたか?

そして、むくみの原因の中に、ご自身の当てはまる項目はありましたでしょうか?

原因が分かればおのずと、対処方法も見えてくると思います。

 

以下のことを日々の日常に入れてみることで、むくみの改善につながります。

  • 筋肉をつける
  • お仕事の休憩中はストレッチを習慣にする
  • 塩分を取り過ぎないなど食生活の改善する
  • 適度な水分摂取する
  • ストレスをなるべく溜めないようにする

 

対処ができてしまえば、下半身のむくみなんて怖くない!

 

これから夏で肌を出す機会が多い季節……

むくみがなくなれば、もっとオシャレを楽しめます!

下半身もむくみの原因を取り除き、キレイな脚を手に入れましょう!