目の整形!切る?切らない?メリット・デメリットをご紹介!

最近では、整形が一般的になってきていて、インスタグラムやユーチューブなどで公表している方々が多くなりました。

中でも日本人の整形の中で人気があるのは、『目の整形』です。

前回、『目の整形の種類』についてお伝えさせていただきました。

 

リナ(執筆者)リナ(執筆者)

目の整形をやるとしたら、切るか・切らないかでお悩みになるかと思います。

そこで今回は、実際に切る目の整形・切らない目の整形をしたことがある私の体験談をもとに、以下2点に分けてご紹介していきます。

  • 切る場合のメリット・デメリット
  • 切らない場合のメリット・デメリット

 

スポンサーリンク

切る場合のメリット・デメリット

実際に皮膚を切る目の整形には、主に以下4点があります。

  1. 目頭切開、目尻切開をして、目を大きく見せる
  2. 二重の幅を広げる、狭める為にまぶたにクセをつける
  3. 目尻の下の部分を切り、たれ目にする
  4. たるみを取る

 

全身麻酔ではない状態で、目を実際に切るのにはかなり勇気が要りますよね。

目を切る整形は、出来れば全身麻酔でやりたいですが、残念ながら笑気麻酔と局部麻酔でやることが多いです。

起きていて、意識のある状態で目を切るのは恐怖ですし、思い出してもゾワゾワします。

 

そうして頑張って切った場合でも、どうしてもデメリットも存在します。

メリット・デメリットを踏まえ、本当に切る目の整形が必要か考えましょう。

 

以下では、目の整形で、切る場合のメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

切る整形手術のメリットとして挙げられることは、『ほぼ永久的』であるということです。

また、自身の希望の目の形になることで、自信もつきけられますよね。

 

なにより、目が理想の形になるため、『アイプチが不要』になります。

アイプチで形を変える必要がなくなるので、アイプチによる肌荒れとはサヨナラ出来ます。

また、アイプチを乾かす時間や形をつくる手間がなくなり、メイクの時間が短縮できます。

 

デメリット

実際に皮膚を切るのですから、手術後の『ダウンタイムが長い』ということです。

皮膚の再生がされ、普段の状態に戻るまで、時間がかかります。

 

また、皮膚を切ってしまっているので、『修正が難しい』です。

失敗したと思って修正をする場合には、再度費用も掛かりますし、修正する場合の費用は、目の整形費用よりも高くなります。

また手術医の技術も必要となり、お医者さん選びも1からし直すため、時間もかかってしまいます。

 

スポンサーリンク

目の整形で切らない場合のメリット・デメリット

切らない目の整形には、以下の2つが挙げられます。

  1. 二重埋没
  2. たれ目埋没

切らない目の整形は、皮膚を切らずに、糸で止める手術です。

 

私は笑気麻酔と局所麻酔で『切らないたれ目』の手術をしました。

手術時間も短く、あっという間に終わって、理想のたれ目を手入れることが出来ました。

 

以下では、皮膚を切らない目の整形のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

メリット

皮膚を切らない目の整形のメリットとして、『ダウンタイムがほぼない』ということが挙げられます。

切る整形に比べ、切らない目の整形のは、糸で施術する為、皮膚を傷つける範囲が小さいです。

そのため、手術時間も短く、出血も腫れもなく、ダウンタイムがほぼありません。

 

また、『気に入らなければすぐに戻せる』というのが、切らない目の整形の良いところです。

一度切ってしまった皮膚は再生することが難しく、すぐに整形前の形に戻すことは難しくなります。

ですが、糸で止めるだけの切らない目の整形は、気に入らない場合、糸を切ることで、元に戻すことが出来ます。

 

デメリット

切らない目の整形でのデメリットは、『埋没の糸がとれるかもしれない』ということです。

糸で止めているだけの手術ですので、目を強く瞑った瞬間や、徐々に取れてきてしまう可能性があります。

美容外科によっては、1年以内であれば無料で再手術が可能です。

 

二重を埋没で止めている方の話を聞くと、「糸がとれてしまって再手術をした」という話をよく聞きます。

リナ(執筆者)リナ(執筆者)

私も昨年、埋没の『たれ目』の手術をしましたが、左目だけとれてしまいました。

1年以内なら再手術が保証されている美容外科もあり、1年以内でしたので、再手術を無料でしていただきました。

 

スポンサーリンク

まとめ 目の整形!切る?切らない?メリット・デメリットをご紹介!

切る整形
  • メリット:ほぼ永久的であること、メイク時間が短縮されること
  • デメリット:修正が難しいこと、費用もかかること、ダウンタイムが長いこと
切らない整形
  • メリット:ダウンタイムが短いこと、気に入らなければ修正が手軽に出来ること
  • デメリット:戻ってしまう可能性があること

 

整形をする人の心理として、痛い・こわいという気持ちよりも、かわいくなりたい・キレイになりたいという気持ちの方が強いかと思います。

切る整形も切らない整形も、メリット・デメリットが存在します。

せっかく整形をするのなら、後悔のないようにしたいですよね。

 

メリット・デメリットを踏まえた上で、この記事を読んでくださった方々が『理想の目』を手入れてくださると嬉しいです!

リナ(執筆者)リナ(執筆者)

目の整形をしたことで、自分自身満足できて、可愛らしく、キレイな自分になることで少しでも生活が楽しくなりますように☆

スポンサーリンク