筋トレ

男性におすすめの筋トレ効率がアップするサプリメントの成分は?

男性は女性より筋肉が付きやすい理由は?

世の中を見渡しても圧倒的に女性より男性の方が筋肉質の人が多いですね?男性のほうが筋肉質の人が多いのには理由があります。理由とは男性ホルモンであるテストステロンが筋肉をつけやすくするからです。

テストステロン(testosterone)は男子ホルモンの1種です。男性の場合は精巣で約95%が作られ、約5%が副腎で作られています。女性も男性ホルモンを分泌しますが、量は男性の5~10%程度で、卵巣や副腎で作られています。

テストステロンの働きは第二次性徴を促し、男らしい体つきにして筋肉を増大させること以外に、骨格の発達にも関係しています。男性の体が骨太で筋肉質になりやすいのは、テストストロンの働きによります。

また、テストステロンは、「やる気」が高まる物質ドーパミンの分泌を促す効果もあります。そのうえ、テストステロンは「モテフェロモン」ともいわれ、多く分泌している人はモテるのです。理由は、より生殖能力が高い男性であることを、女性が本能的に嗅ぎつけるからだそうです。

テストステロンの分泌量には個人差があり、年齢とともに減少する

テストステロンの分泌は20代をピークに、だんだん減少し始めます。年齢とともにブヨブヨした中年太りになりやすいのは、テストステロンの減少が関係しています。

テストステロンが減少すると、糖尿病やメタボリック症候群になりやすくなるほか、男性更年期障害(LOH症候群)になって性欲減退や睡眠障害、イライラ、抑うつなど精神面の変化や、内臓脂肪の増加、筋肉量・筋力の低下などをもたらします。

テストステロンの分泌量には生まれつきの個人差があります。また、ストレスや生活習慣で減少することもあります。

筋肉を増やすとこんなメリットが!

男らしい、カッコイイ体格になることを主な目的として筋トレをしている方も多いと思いますが、筋トレで筋肉を増やすことには様々なメリットがあります。

まず、筋肉が増えることで基礎代謝量、つまり寝ていても消費できるカロリーが増えて、太りにくい体になります。さらに基礎代謝が上がり、病気を寄せ付けない体作りができます。もちろん身体能力・運動能力も高まり、スポーツを楽しめます。

筋トレでテストストロンの分泌が増える!

筋トレをすると、筋肉の細胞は傷つけられます。すると細胞は修復するために細胞分裂を起こしてより太い筋肉になっていくのです。その時、筋肉の修復に必要とされるのがテストステロンです。

人体はよく使われるものはより多く分泌しなければならないと認識して、使うほど多く分泌するようになります。筋トレをするとテストステロンがより多く分泌され、結果的に筋肉がつきやすい体になり、筋肉とテストステロンが増える体になっていくのです。

ただし、筋トレをしすぎるとテストステロンの分泌量が減少してしまうばかりか、コーティゾン(cortisone)という筋肉をこわすホルモンが分泌されるようになります。筋トレの「しすぎ」には注意してくださいね!

スポンサーリンク

筋肉がつきやすくするために必要なことは?

睡眠を十分とる!

筋肉がつきやすくするために必要なことの1つ目は「しっかり睡眠をとること」です。筋トレでは細胞とともに毛細血管も傷つきます。傷ついた血管は睡眠時に修復されて、より太い血管になります。
血管から血液が栄養分を筋肉に届けるので、筋肉の増大には血管の修復に大切な睡眠を十分取る必要があります。寝る前にぬるめの風呂に浸かるとぐっすり眠れますよ。

良質のタンパク質をとり、アミノ酸を補う!

筋肉をつくるのはタンパク質であることをご存知の方は多いことでしょう。望ましいのは高タンパク低カロリーの食品です。鶏ササミや赤身肉などがおすすめなこともよく知られていますね。

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されています。タンパク質は摂取すると酵素で分解されてアミノ酸になって吸収されます。アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられます。必須アミノ酸は体内で作れないので、食品などから取り入れる必要があります。

血中のアミノ酸濃度が低くなると体は筋肉を分解してアミノ酸を得ようとします。食事で補給しきれないアミノ酸を補うにはサプリメントで補うのが無理なく効果的です。