筋トレ

筋トレの効率を上げたい時におすすめの栄養や食品には何がある?

筋肉と栄養の関係

筋肉が成長する仕組み

行うトレーニングの激しさや目指す目標は違えど、筋トレを毎日の生活の中で取り入れているという人は多いものです。体を引き締めたいと思う人から毎日の運動不足の改善のためという人もいる中で、筋肉量を増やしたいと考える人もいるでしょう。

筋トレを行なっていく上で実施サイクルや食事といった内容は筋トレの効率を上げるためにとても大切になります。

筋トレでは筋肉を目一杯動かし、筋肉の成長をさせようとするわけですが、使った部分はもちろん傷ついてしまいます。傷ついた筋肉を回復させる期間が大切となり、この期間を「超回復」と呼ばれます。この超回復のサイクルをきちんと作ることで筋トレの効率は格段に上がると言われているのです。

筋肉は筋トレを行なっている時に筋肉が育つのではなく、回復を行う時に成長します。ですので回復の期間が大切になり、回復を効率的に行なっていくためには時間だけではなく、筋肉を回復する時に必要になる栄養の摂取も大切となります。

筋肉に栄養が行かなければ成長しない!

筋肉はタンパク質を主成分としてできています。ですので筋トレで必要になる栄養として筋肉の素であるタンパク質は欠かせません。しかし筋肉を動かすためには糖分も必要になりますし、脳から筋肉を動かすように伝達を行う時にはミネラルが必要です。さらにより効率よく筋肉を動かすためにも、ビタミンやアミノ酸といった様々な栄養素が必要とされます。

ですので効率よく筋トレを進め、結果を感じたいという場合には、食事やサプリメントなどで摂取する栄養が大切になると言えます。体内で作られる栄養もありますが、その栄養を作り出すためのエネルギーや栄養といったものは、食事やサプリメントで取り入れる必要があります。

食事で全ての必要な栄養を摂取できるのが一番ではあるものの難しいものです。ですので足りていないと感じている栄養素を、サプリメントで補う形で摂取することが効率的だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

筋トレにオススメの栄養と食品

筋トレの効率を上げる栄養

筋トレの効率を上げる栄養は以下のようなものがあります。

タンパク質

筋肉の成分のほとんどはタンパク質です。つまり筋肉を育てていくためにタンパク質は欠かせない栄養です。

炭水化物

体を動かすためのエネルギーとなっているのは炭水化物だと一般的に知られています。

ビタミン類

ビタミンの中でもビタミンCやビタミンB群が、筋トレの効率を上げたい時に重要となる栄養です。ビタミンはタンパク質を吸収する際に必要となる栄養であり、筋肉を育てていくためにはタンパク質を効率よく吸収する必要があります。

ミネラル

ミネラルにはカルシウムやマグネシウムといった栄養が含まれます。筋トレは脳からの神経伝達が筋肉に伝わり、筋肉を伸縮させて筋肉を動かしていくトレーニングなので、神経の伝達に必須となるミネラルも効率アップに繋がる栄養素となります。

栄養を含む具体的な食材

筋トレの効率を上げるために必要となる栄養を摂取する方法は、食事またはサプリメントでの摂取が一般的でしょう。そのため普段の食生活に気を配ると思いますが、その際に栄養が多く含まれている食材を把握しておくと効率的に栄養を摂取することにつながります。

肉類

牛肉、豚肉、鶏肉といった肉類には、筋トレを効率よく行うために必要な栄養が複数備わっています。タンパク質の摂取方法としてもお肉を食べるのが良いとされていますが、お肉にはアミノ酸も多く含まれています。豚肉は疲労回復に役立つ食材として知られているため、筋トレのサイクルで欠かせない超回復にもおすすめの食材だといえます。

卵は食材の中でも一つでたくさんの栄養が補える、完全栄養食品とも呼ばれるものです。食物繊維やビタミンC以外の栄養全てをバランスよく含んでいる、筋トレを行う際におすすめの食材です。

野菜

さつまいもやジャガイモといった芋類は炭水化物として知られており、これらの食材は筋肉を動かすためのエネルギーとなります。また、ブロッコリーやキャベツも筋トレの際におすすめの食材です。これらのアブラナ科の野菜は、エストロゲンの分泌の抑制に関わるとされているからです。