筋トレ

ジムで効率よく筋トレの効果をあげるために気をつけるべき事とは

筋トレするなら自宅?それともジム?どちらがおすすめ?

自宅で筋トレするメリットとデメリットとは?

自宅で筋トレを行なう場合、いつでも気が向いた時にすぐにできるというメリットがあります。しかし、手軽にできる反面、筋トレ用にそれなりのスペースを確保したり、場合によってはダンベルなど筋トレに使う道具を揃えなくてはなりません。

筋トレを始めたばかりの初心者でしたら、ペットボトルに砂や水を入れてダンベルの代わりにしたり、自宅の椅子やテーブルなどの家具と自分自身の体重を利用した筋トレも可能ですが、自分の体重以上の負荷をかけた筋トレを行いたい場合、自宅ではなかなか難しいというデメリットがあります。

また、自宅にはジムのような専門知識を持ったトレーナーがいないため、本や動画を参考にしてもどうしても自己流の筋トレになってしまいがちです。

ジムで筋トレするメリットとデメリットとは?

ジムで筋トレを行いたい場合、特定のジムの会員になって会費を払ったり、毎回、ジムの使用料を払わなくてはならないため、自宅での筋トレに比べ金銭的な負担が発生します。また、ジムに通うための移動時間や、ジムが空いている時間帯しか筋トレする事ができないため、あらかじめ予定を立てておかなくてはなりません。

しかし、ジムでの筋トレの場合、ジムには常に専門知識を持ったトレーナーがいるため、自分の筋トレの方法に疑問を持った時や新しい筋トレを試したい時などに、すぐにトレーナーに相談できるというメリットがあります。さらに、ジムには筋トレのための専用のマシーンや道具が揃っています。

自宅には置けないような大きくて高性能なマシーンや重いダンベル、バーベルなども揃っているため、鍛えたい部分を充分に鍛える事が可能です。

長期的に筋トレするならジムでのトレーニングがおすすめ

筋トレは始めたとしてもすぐには効果を実感できません。軽めの負荷から初めて少しずつ負荷を重くしていき筋肉をじっくりと育てていかなくてはなりません。

自宅での筋トレの場合、ジムのように筋トレ専用のマシーンや道具を取り揃えていかない限り、やがてかけられる負荷に限界がきてしまいます。そのため、長期的に筋トレを行なう場合は、自宅よりも断然ジムでのトレーニングがおすすめです。

スポンサーリンク

ジムで効率よく筋トレの効果があげるためにはどうしたらいい?

筋トレの効果をあげるための注意点とは?

筋トレはただ行えば良い、というものではありません。筋トレの効果を効率よくあげるためには、いくつかの注意点があります。

筋トレの目的をはっきりさせよう

筋トレを始める前に、まず目的をはっきりさせましょう。

  • シックスパックを作りたい。
  • 二の腕を太くしたい。
  • 上半身を逆三角形のボディラインにできるよう肩幅を大きくしたい。
  • 筋トレでダイエットしたい。
  • 筋トレでヒップラインを丸みのあるキレイなラインにしたい。など。

どの部分をどのように鍛えたらよいのか?どれぐらいの負荷や頻度が良いのか?など、目的によって筋トレの仕方は大きく変わってきます。この目的が定まっていないと、なりたいボディラインを作る事は出来ません。

超回復についてきちんと理解しよう

筋トレを始めたからと、やみくもに行なうのは大変危険です。筋トレは文字通り筋肉のトレーニングなので、筋トレ後は筋肉が疲労し、場合によっては筋肉痛が発生します。筋トレによって筋繊維にはダメージが与えられます。

このダメージによって引き起こされる痛みが筋肉痛になります。筋肉はこのダメージを回復する時に大きく成長します。これを「超回復」と呼びます。この超回復には、筋トレ後、およそ48〜72時間程かかるとされています。

しかし、この筋肉痛がある間に再度筋トレを行なってしまうと、筋繊維がきちんと修復されないまま、ダメージを重ねてしまい、きちんと筋肉が修復されなくなってしまいます。すると、筋肉は育つ事ができなくなってしまうため、筋トレの効果も充分に得ることができなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

筋トレの効果をきちんと得たいのであれば、この超回復の時間をきちんと取る事が非常に大切です。

正しい筋トレをしよう

筋トレを行なう時に、正しいやり方でないときちんとした効果が得られないばかりか、かえって筋肉を痛めてしまう可能性があります。自分自身の体重やダンベルを利用した筋トレ、マシーンを利用した筋トレ、どのタイプでも、手の位置や足の位置、握り方、持ち上げ方などは必ず、正しいやり方で行うようにしましょう。

筋トレをするなら食事にも気をつけよう

筋トレの効果があげたいなら、食事も無視できません。筋肉を育てるためには、鶏のササミなど、タンパク質が多い食事を心がけるのが良いでしょう。また、食事だけでなくサプリなどでプロテインを補充するのもおすすめです。プロテイン摂取は、朝食後や就寝前の摂取も効果のあるタイミングですが、一番効率が良いのは筋トレ後45分以内と言われています。

筋トレ直後はトレーニングで疲労した筋肉が回復するために栄養が必要なタイミングです。このタイミングだと、筋肉へ届くアミノ酸が通常の3倍程度まで増えるため、一番効率よく筋肉を育てる事ができるのです。